株式会社アイリンク | マネージメントオフィス桜田
ECサイトについて

株式会社アイリンク

宮城県の仙台市に株式会社アイリンクという会社があります。会社設立当初の創業者は、地域のショッピングモール(杜の市)を開発・オープンしていますが、2008年からは、三陸産牡蠣のネット販売事業に特化してきました。

2011年3月の東日本大震災により、主要産地が壊滅的な打撃を受けた際、被害を受けた三陸の牡蠣生産者を支援するため、「三陸牡蠣復興支援プロジェクト」(SAVE SANRIKU OYSTERS)を立ち上げます。

クラウドファンディングを通じて復興かきオーナー制度のオーナーを募集したところ、1年で約24,000名から約3億2千万円の資金が集まりました。このおかげで2013年には震災前の40%前後まで回復し、2014年秋以降のシーズンには80%以上まで回復しています。

しかしながら、震災から丸2年出荷できずにいる間に、外国産も含めて他の産地のものが市場を奪う形になっており、震災直後の被災地応援機運も減少した現在、「生産量は回復したが販売量が回復しない」という新たな現実に直面しています。

この状況を打開するため、社長が考えた基本戦略が以下の3本柱です。

①地元の取り扱い飲食店にノボリを立てる

②消費者向けに「買って応援!」プロジェクトを開始する

③これから飲食店をやりたい人向けに「かき小屋パートナー」(FC店)を募集する。

※「かき小屋パートナー」については、既に10店舗ほどオープンしています。

小生が考えたこの会社(サイト)の成功要因は以下の通りです。

事業を三陸産牡蠣のネット販売に特化

■私企業の枠を超えたソーシャルビジネス化(クラウドファンディングの活用)

■地元飲食店とのコラボ(連携)(ノボリ1000本作戦)

■プロジェクト第2弾の展開(買って応援!プロジェクト)

新しいビジネスモデル(かき小屋パートナー制度)の構築

クラウドファンディングの活用を考える上で、大変参考になる会社(サイト)です。