株式会社サヌイ織物 | マネージメントオフィス桜田
ECサイトについて

株式会社サヌイ織物

福岡県の福岡市に株式会社サヌイ織物(従業員11名、資本金1,000万円)という会社があります。

1949年の創業で、博多織を利用した製品の製造・販売を行っています。

博多織とは、770年の歴史を持つ福岡の伝統工芸品で、主には和装時に使用する帯に使われ、縦糸の量が他の織り方とは大きく異なるという特徴を持っています。

これまでは、福岡で製造された商品が、京都の問屋を通じて全国の小売店舗に卸されるという流通形態であったため、地元を含め、消費者が目にする機会が少なく、一部の富裕層が購入するに止まっていたそうです。

同社社長の讃井勝彦(さぬいかつひこ)氏は、打開策として以下の4つの戦略を実行に移します。

1.地元福岡で目にする機会を増やすため、作品が見られる工芸館を併設する。

2.販路については、問屋を介さず、全国の小売店舗に直接販売する。

3.ネットショップを立ち上げ、小物や雑貨を販売する。

4.認知度を高めるために、いろいろなイベントに参加する。

これらの努力が実を結び、

☆トヨタレクサスのオリジナルカスタマイズカーの内装に採用される

☆2013年フィギュアスケートグランプリファイナルのメダルのリボンに採用される。

☆ミラノで開催された安倍総理主催のパーティーで配られた引き出物の箱に採用される

といった成果が出ています。

小生が考えたこの会社(サイト)の成功要因は以下の通りです。

■工芸館でのイベントを通じて地元客の認知度を高めた

■外部のイベント(展示会等)を通じてPRに成功した

■ネットショップを開設して小物や雑貨を販売している

■facebookを活用してプロモーションに成功している

特にfacebookの活用が大変上手です。ご参考までに、一度ご覧になってみてください。