KPT(ケプト) | マネージメントオフィス桜田
ECサイトについて

KPT(ケプト)

仕事を継続的に改善していくためには、事後の振り返りが不可欠となります。今回取り上げるこの「KPT(ケプト)」は、プロジェクトマネジメントの世界で広く用いられてきた「振り返りのフレームワーク」です。

■継続すること(Keep)

はじめに、今までの仕事や活動の中で「継続すべき点」を洗いざらい挙げていきます。

⇒1週間前までにアジェンダを出す

⇒1人ずつ近況報告をする

⇒ポスト・イットを活用する

■問題点(Problem)

次に、今後改善が必要な問題点を列挙していきます。

⇒進捗状況の共有が不十分である

⇒特定の人だけが発言をする

⇒議事録を読んでいない

■新たな取り組み(Try)

そして最後に、今後やるべきことを整理していきます。

①Kのさらなる改善

②Pへの対策

③まったく新しい取り組み

の3つの観点から考えることがポイントになります。

⇒進行役を交代で行う

⇒タイムキーパーを置く

⇒会議資料を事前に配布する

⇒発言しない人を指名する

⇒ポスト・イットを使って議論する

⇒フレームワークを活用する

⇒議事録を翌日に出す

うまくいったことは効果がある限り続ける、うまくいかなかったことはやり方を変える、これが「KPT(ケプト)」のもとになる考え方です。

小生のクライアントさんの中にも、徹底して「KPT(ケプト)」活動を展開している会社があり、業績も上がっています。

2015/10/25